買う

「巨人用」あぶらとり紙、京都国際マンガ・アニメフェアで限定販売

  •  

 みやこめっせ(京都市左京区)で9月7日から始まる「京都国際漫画アニメフェア」(愛称「京まふ」)で巨大油取り紙が限定販売される。商品は、1910(明治43)年創業でシート加工や特殊加工製品を扱う「いちかわ」(伏見区)のブランド「加美屋」が手掛ける。

人類用(通常サイズ)はこちら

 同社のあぶら取り紙は金箔(きんぱく)をたたく際に使う「箔打ち紙」ではなく、「皮脂吸着」「破れにくい」などの機能を持たせたほか、裏面に油分がにじまないように加工。京都の伝統産業技術に由来する製法で作られているという。

[広告]

 人気漫画作品「進撃の巨人」のコラボした同商品は、横32センチ、縦50センチの特大サイズ。通常サイズの33倍もの大きさで、すっぽりと顔を覆うことができる。パッケージには「駆逐してやる!!この顔から…一滴…残らず!!」という主人公エレン・イェーガーのせりふをもじったコピーも添える。作品のキャラクターをあしらった通常サイズの商品も「人類用」(400円)として販売する。

 イベントではこのほか、西陣織のネクタイや蒔絵(まきえ)シール、生八つ橋など京都の企業との限定商品90種類以上を販売。限定商品の種類は昨年に比べ3倍以上になった。当日も版元と企業のマッチングや活用に関するセミナーを実施する。

 開催時間は9時~17時(最終日は16時まで)。入場券は前売り1,000円ほか。9月8日まで。

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?