見る・遊ぶ

京都市営地下鉄でアニメ作品のラッピング車両運行へ-「とある」「薄桜鬼」など4作品

つり革や、座席にもラッピングが施される

つり革や、座席にもラッピングが施される

  • 0

  •  

 京都市営地下鉄は7月25日、アニメのキャラクターなどでデコレーションされた列車「京まふ号」の運行を始めた。

 「京まふ」は、開催される「京都国際マンガ・アニメフェア」の略称。西日本最大規模のアニメと漫画の総合見本市で、昨年は約2万3000人が来場した。今年は9月6日~8日に開催。現在までに約40団体の出展が決まっている。

[広告]

 デコレーションされるのは、同イベント出展が決まった「宇宙兄弟」「とある科学の超電磁砲(レールガン)S」「劇場版 薄桜鬼」「機巧少女(マシンドール)は傷つかない」の4作品。地下鉄東西線の1編成のうち2両の窓や壁、つり革に作品の名ぜりふやキービジュアルのほか、外側にはキャラクターの等身大のシートが貼り付けられる。

 運行は約2カ月間を予定。運行時刻表は京都市交通局のホームページからダウンロードできる。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?