天気予報

20

12

みん経トピックス

うどんミュージアム、祇園に京都・3代続く銭湯、大改装

錦市場に「カフェドクリエプラス」-純和風建物を改装、店内に水琴窟も

錦市場に「カフェドクリエプラス」-純和風建物を改装、店内に水琴窟も

同店のみの提供となる「宇治抹茶 黒糖添え」を持つスタッフ

写真を拡大 地図を拡大

 錦市場内に12月21日、「カフェドクリエプラス 京都錦市場店」(京都市中京区錦小路通柳馬場西入中魚屋町、TEL 075-746-2401)がオープンした。運営はポッカクリエイト(東京都千代田区)。京都では3店舗目の出店となる。

店内の水琴窟

 以前は和食店として使われていた純和風の建物を改装し、モダンな内装に仕上げた。店舗面積は219平方メートルで、席数は86席。

 店内には弁財天が祭られている祠(ほこら)や六面地蔵があるほか、ちょうず鉢から水を注ぎ、かめの中で反響させた音が聞ける水琴窟など以前の持ち主が作った「エンタメ的な要素のある」(同社広報担当の水野涼子さん)空間が特徴。2階には錦市場の青物問屋「桝屋」の長男として生まれた伊藤若冲の「菜蟲譜(さいちゅうふ)」の一部を飾る。(実物は佐野市立吉澤記念美術館所蔵)。

 メニューは既存のものに加え、宇治抹茶のみを使った「宇治抹茶 黒糖添え」(300円)を同店のみで提供。黒糖は抹茶の中に入れて楽しむこともできる。

 「観光客の方はもちろん、錦小路で働く方、買い物に来た方にもぜひお越しいただきたい。2階から錦小路の活気のある様子も見ながら、ゆっくりしてもらえたら」と水野さん。

 営業時間は8時~21時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

TKP京都四条烏丸カンファレンスセンター(下京区)で4月28日、「コンテンツ活用商品化セミナー」が開催される。主催は「京都クロスメディア推進戦略拠点(KCROP・上京区)」ほか。説明会では「NARUTO」「BLEACH」「おそ松さん」などのTVアニメーションを制作する「ぴえろ」(東京都三鷹市)の担当者がTVアニメ化25周年を迎えた「幽☆遊☆白書」などの京都オリジナル商品の開発に関し、商品化の許諾から発売までの一連の業務を説明する。KCROP担当者は「伝統産業に携わる人など多くの人に参加してもらえたら」と呼びかける。参加無料。開催時間は15時~16時半。申し込みはhttp://crossmedia.kyoto/seminar_event/20170428まで。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング