KBS京都ラジオでつボイノリオさんの「つボからボイン」放送始まる

ファンに見守られながら行われた放送の様子

ファンに見守られながら行われた放送の様子

  •  

 つボイノリオさんがパーソナリティーを務めるラジオ番組「つボからボイン」の放送が10月6日から始まった。

集まったファンにあいさつするつボイさん

 つボイさんは、KBS京都ラジオで1981(昭和56)年から「ハイヤングKYOTO」の水曜日を担当。中高生を中心に絶大な支持を得た。昨年のKBS京都が60周年を迎えるのにあわせ、KBSホールで行われた「一夜限りの復活」イベントでも多くの当時のファンを集めた。

[広告]

 10月6日は、番組開始前の「差し入れ」コーナーも復活。ファンが列を作り、つボイさんの番組復活を喜んだ。当時、毎週のように投稿や差し入れをしたというスタジオシンさんは「秘訣(ひけつ)のコーナーと音楽実技Bのコーナーが好きでよく投稿もしたという。「どうすれば読んでもらえるか、楽しんでもらえるかというのはずっと考えていた」と当時を振り返る。「差し入れの後、ラジオを聞こうと思っていたらAMラジオが聞ける機器がないことに気がついてあわてて買いに走った」とも。

 ファンに見守られながら行った1回目の放送では、デュエット曲「祭りだワッショイチンカッカ」を歌った吉佐登さんもサプライズで登場。放送で先斗町にあった吉佐登さんのお店に「みなさんお越しください」と言ったら、四条から三条まで中高生らの列ができたというエピソードなどを披露した。

 「つボイさんは、聞く人を元気にしてくれる魅力のある人。10月の改変でつボイさんの番組をぜひ復活させたいと思ったので、本人からいいですよと連絡が来たときはうれしかった。当時を知らない若い人にも聞いてもらえたら」と、同社ラジオ編成制作局局長の村上祐子さん。

 放送時間は土曜16時45分~18時。メールアドレスはboin@kbs.ne.jp。次回の差し入れは10月20日15時から行う予定。

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?