食べる

京都・高瀬川に臨むレストランでホタル鑑賞-6月末まで週2回開催へ

テラスでは「蛍プレート」(2,100円)の提供も行う

テラスでは「蛍プレート」(2,100円)の提供も行う

  •  

 京都ホテルオークラが運営する「京野菜 了以」(京都市中京区河原町押小路角、TEL 075-211-5110)で5月24日から週2回、高瀬川にホタルを放つ「~やさしく舞う 蛍(ホタル)のひととき~」が開催される。

 高瀬川は1611年に角倉了以が開いた運河。京都中心部と伏見の間を結び、底の平らな高瀬舟が行き交った。「舟入」と呼ばれた船溜場では、荷物の積み下ろしが行われた。同店からはそのうちの一つ、一之舟入跡を見ることができる。

[広告]

 期間中、毎週木曜・土曜の20時から40匹のホタルを放つ。テラス(13席)のメニューとして9種類の料理の盛り合わせプレートと生ビール1杯のセット「蛍プレート」(2,100円)も用意する。「まずは皆様に夜の一之船入の景色をご覧いただきたい。そして、時間が止まったような、ゆったりとした雰囲気の中でホタルの放つ温かい光をご覧いただけたら」と同ホテル広報担当者。

 ディナーは17時30分~21時。6月30日まで。

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?