天気予報

17

14

みん経トピックス

バーをテーマにした酒器展商業施設の窓の数字の正体は

錦市場で食用サワガニ販売-素揚げにして酒のつまみに

錦市場で食用サワガニ販売-素揚げにして酒のつまみに

錦市場の店頭の食用サワガニ

写真を拡大 地図を拡大

 錦市場にある「のと与」(京都市中京区錦小路通り柳馬場東入)は現在、食用サワガニを販売している。

 店頭の容器に入れられたサワガニは、宮崎県から生きたまま運ばれてきたもので、1匹70円。素揚げにして食べ、特に酒のつまみになるという。サワガニは4月から5月が旬となり、夏ごろまで店頭に並ぶという。

 「居酒屋さんが購入されることや、お子さんの飼育用に購入されることもある」と同店スタッフ。店頭では、「サワガニがいる」と珍しそうにのぞきこむ人や「これはどうやって食べるの?」と尋ねる海外からの旅行客の姿も見られる。

 営業時間は11時~15時、16時30分~(閉店時間は日によって異なる)。水曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

TKP京都四条烏丸カンファレンスセンター(下京区)で4月28日、「コンテンツ活用商品化セミナー」が開催される。主催は「京都クロスメディア推進戦略拠点(KCROP・上京区)」ほか。説明会では「NARUTO」「BLEACH」「おそ松さん」などのTVアニメーションを制作する「ぴえろ」(東京都三鷹市)の担当者がTVアニメ化25周年を迎えた「幽☆遊☆白書」などの京都オリジナル商品の開発に関し、商品化の許諾から発売までの一連の業務を説明する。KCROP担当者は「伝統産業に携わる人など多くの人に参加してもらえたら」と呼びかける。参加無料。開催時間は15時~16時半。申し込みはhttp://crossmedia.kyoto/seminar_event/20170428まで。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング