食べる

チーズを使ったお菓子と世界のお茶を楽しむイベント-専門店3店が初コラボ

イベントでは6種類のお茶を提供する(画像は別のイベント時のもの)

イベントでは6種類のお茶を提供する(画像は別のイベント時のもの)

  •  
  •  

 フランス菓子教室・カフェの「シトロン・サレ」(京都市下京区室町通仏光寺上ル)で9月3日、「フレッシュ・チーズを使ったブランチの会~お茶とのマリアージュ」が行われる。

 世界のお茶専門店「ラ・メランジェ」(中京区烏丸二条下ル)が企画し、チーズ専門店「フロマージュ ドゥ ミテス」(下京区鍵屋町通烏丸西入ル鍵屋町)のチーズを使いシトロン・サレが作った塩味と砂糖味のお菓子と世界のお茶で参加者をもてなす、3店舗初のコラボ企画となる同イベント。

[広告]

 パリのサロン・ド・テなどでは、昼食にお茶を合わせて楽しむメニューがある。「アルコールの飲めない方や都合上飲むことができない時、ワインの代わりにいろいろなお茶を合わせて健康的においしくいただく。お茶とチーズのマリアージュを楽しみましょう」と企画者のラ・メランジェ松宮さん。同店からは台湾、中国等のいろいろな中国茶をはじめ、フランスのハーブティーやインドの紅茶を提供する。

 フロマージュ ドゥ ミテスの金剛丸さんは「チーズをお菓子などにアレンジすることで、幅広いチーズの楽しみ方が提案できる。癖の強いチーズが苦手な方には、お菓子やお料理にアレンジすることで、チーズの風味がマイルドになり、お茶とのより一層の楽しみ方の幅も広がる」と話す。

 参加費は4,200円。問い合わせ・予約は、ラ・メランジェとフロマージュ ドゥ ミテスのホームページから。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?