食べる

関西日仏学館で恒例「アペリティフの日」イベント-フランスの食文化提案

「アペリティフの日」イベントの様子

「アペリティフの日」イベントの様子

  •  
  •  

 フランス農水省とフランス食品振興会が主催する「アペリティフの日」にちなんだイベント「ハッピーアペリティフ in 京都」が6月2日、関西日仏学館(京都市左京区吉田泉殿町)で開催された。

 「アペリティフ」はフランスの習慣で、食事の前にワインなどのアルコール飲料やソフトドリンクと「アミューズ・ブーシュ(おつまみ)」とともに、友人との会話を楽しみながらゆったりと過ごすひとときのこと。フランス農水省は2004年から、世界各国で毎年6月第1木曜日を「アペリティフの日」と提唱し、2005年にはフランス政府により記念日として登録された。

[広告]

 当日は、レストラン「ボルドー」(北区)、「ルヴェソンベール」(左京区)、「ホテルグランヴィア京都」(下京区)のシェフらによるアミューズやワイン、カクテルなどのフランス産飲料約100種類を提供するほか、パンやチーズを販売した。

 雨が心配されたが、梅雨の晴れ間の気持ちのいい風の通る日となった。開場1時間前から列ができ、午前の部で500人以上がイベントに参加した。

 フランス料理が好きな友人に誘われて初めて来たという女性は「フランス料理は凝っていて自分では作れないので、総菜などを買ってきてお酒と一緒に楽しんでいる。また来年も参加したい」と話していた。

 フランス食品振興会の井上酉子さんは「昨年はユネスコの無形文化遺産にガストロノミーが登録され、あらためてフランスの豊かな食文化が世界にも認められた。イベントでプロが提供する食べ物やお酒を通じてフランスの食材にもっと親しんでもらえたら」と話す。

 今年は入場チケットの一部や、物販、ワインなどの当たる抽選くじの収益全額を東日本大震災の義援金に充てる。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?