食べる 見る・遊ぶ

烏丸御池駅に「コトチカ御池」-改札内にワインやビールが飲めるカフェも

コトチカ御池の「志津屋」

コトチカ御池の「志津屋」

  •  
  •  

 京都市営地下鉄「烏丸御池駅」構内に5月16日、「コトチカ御池」がオープンした。

 昨年10月に開業の「コトチカ四条」に次いでオープンした同施設。同駅は、東西線の乗り換え口でもあり、乗り換えの客を含めると1日約7万8,000人の利用があるという。店舗は昨年公募し、その中から利用者アンケートで要望の多かったカフェとコンビニの出店が決定した。

[広告]

 同駅北改札口に出店したのは、京都市内を中心にベーカリーとカフェの「志津屋」(右京区)とコンビニ「デイリーヤマザキ」。

 志津屋は、「パリのサンジェルマン・デ・プレをイメージした」という外観でまとめた。奥にあるイートインスペースでは「プレミアムカルネ」(280円)や「ベビーリーフのサラダ」(420円)などのフードメニューのほか、フランス産やスペイン産のグラスワイン(350円~)やコロナビール(600円)スミノフアイス(550円)などを提供する。

 フルLED照明の最新型のコンビニとなるデイリーヤマザキは、改札内と改札外で仕切り、改札側は売店として、改札外ではコンビニとして機能させる。

 「烏丸御池は乗り換えで人通りの多い駅。待ち合わせや通勤途中の買い物に利用してもらえたら」と京都市交通局企画課の塩見康裕さん。京都市交通局では来年度、京都駅内に新たな商業施設のオープンを予定している。

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?