食べる

四条烏丸近くに煮込みとグリルの店-初日は「はしご」イベントも

19日にオープンする「まんざら亭 烏丸佛光寺」

19日にオープンする「まんざら亭 烏丸佛光寺」

  •  

 四条烏丸近くに4月19日、グリルと煮込み料理を中心とした「まんざら亭 烏丸佛光寺」(京都府京都市下京区仏光寺通烏丸東入ル上柳町、TEL 075-344 -1277)がオープンする。経営は京都市を中心に飲食店経営を手掛ける「ステップ」(三条通東洞院東入ル菱屋町)。

 同社のイタリアンレストランをリニューアルした同店。「今回の店は以前に比べて、より『街の食堂』として気軽に利用できるようにした」と店長の堀ノ内康仁さん。メニューは「牛のしっぽのとろとろ煮込み」(900円)や、これを使う「牛テールの汁パスタ」(900円)など月替わりで食材を変えて提供する。酒も日本酒とワインを中心に、手頃なものからじっくり飲めるビオワインまで幅広い価格帯で用意する。

[広告]

 店舗面積は約80坪。間口が狭く奥に長い空間を生かし、1階にはカウンター10席、テーブル席32席、テラス席8席を設け、さまざまなシーンで利用できるようにした。2階は、宴会やパーティーに対応できる50人利用可能なスペース。

 オープンに合わせ19日、「はしご魂復活!」をテーマに四条烏丸近くにある「まんざら亭NISHIKI」「SEKAIYA(セカイヤ)」を合わせた3店で合同イベントを行う。3店舗のいずれかで5,000円以上の利用客に、3店舗で食べ・飲み放題できるパスを進呈。

 「『仕事終わりに一杯』ということもできる店。イベントを通じて当店について知ってもらえたら」と堀ノ内さん。

 営業時間は17時~24時。イベントは18時~23時(最終入店)。

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?