3密を避けて新しい生活様式へ!

買う 暮らす・働く

京都マルイの「店づくり」進む-店と客が議論、「世界地図」残す外観も決定

現在の京都マルイの様子

現在の京都マルイの様子

  • 0

  •  

 四条河原町阪急跡に4月27日オープン予定の「京都マルイ」(京都市下京区四条通河原町東入)の店づくりが進んでいる。

 2007年の有楽町店、2009年の新宿店でも「地域の人とともに店づくりを行い好評を得ている」という同社。京都店は昨年8月からネットで10~60代男女の意見を集めたほか、公募で選ばれた人で作る「お店づくり企画会議」を開いてきた。会議は12月までの5カ月間に73回開催し、延べ330人と社員211人が参加した。

[広告]

 これまでの店づくりでは、意見を交わすモニターの様子を社員が別室でモニタリングしていたが、今回は社員が同席。意見を聞くにとどまらず議論を交わすなど「かなり踏み込んでいる」と同社広報室担当者。「京都の人は街の発展や街全体について考えている人が多い印象」だという。

 これまでの取り組みにより外観は薄茶色に決定。待ち合わせの定番だった「世界地図」も残すことが決まった。「現在は接客サービスなどソフト面についての会議が続いている」と同担当者。「一緒に店づくりを行っていくことで、末長く愛される店舗になっていけたら」と話す。

 開店後も会議は続けていく予定だという。

Stay at Home

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?