プレスリリース

若者の投票率増加を目指して、アパレル会社と一般社団法人がプロジェクトを始動

リリース発行企業:株式会社ヒューマンフォーラム

情報提供:

アパレル事業を展開する株式会社ヒューマンフォーラム(本社:京都市中京区 代表取締役会長:出路雅明)が運営する「SPINNS(スピンズ)」 にて一般社団法人NO YOUTH NO JAPAN(代表: 能條桃子)と協業し若者の投票率を上げるためのプロジェクトを開始いたします。 第一弾として3月21日に行われる千葉県知事選挙に向けてのキャンペーンをSPINNSららぽーとTOKYO-BAY店にて3月4日から開催いたします。




【経緯】
令和元年に行われた参院選の投票率は60代63%に対して20代30%と投票率は非常に悪く、10人に3人ほどしか投票していない状況です(注1)
このような状況では若者の意思は政治に反映されず、また政治も自然と高齢者を意識した政治になってしまいます。
「選挙」や「政治」といえば、若者の間で敬遠されてしまうイメージですが、自分たちに直接関わること、そして一人ひとりが自分ごととして捉えて、意思表示していかなければ決して良くなることがないことです。私たちは、「みんなでもっとより良い社会にしていきたい」という想いがあります。
SPINNSはお客様、スタッフ共に10代~20代が多く、日常で関わっているブランドから「選挙」や「投票に行く」という行為がカッコよく、ポジティブなイメージになることを目標としています。
そんな想いから今回一般社団法人NO YOUTH NO JAPAN様と共に若者の投票率をあげるためのキャンペーンを開催することに致しました。
注1:総務省「参議院議員通常選挙における年代別投票率の推移」より

■開催店舗 SPINNS ららぽーとTOKYO-BAY店
■開催期間 3月4日(木)~3月28日(日)
■キャンペーン内容
1.選挙割の実施
期日前投票の投票済証明書、当日以降の投票済証明書の提示で10%オフ

2.VOTE FOR CHIBAのInstagramとSPINNS ららぽーと TOKYO-BAY店のInstagramの両アカウントのフォローし、提示で5%オフ
※未成年(選挙権を持たない人)にも選挙に興味をもってもらえるように、今回はInstagramのフォローも対象にいれています。

3.オリジナルVOTED(投票済)ステッカーの配布
期間中にSPINNS ららぽーと TOKYO-BAY店でお買い物いただいたお客様が対象

4.「わたしの生きたい社会」ボードの設置
店内に設置したボードにて、「私の主張が私たちの主張へ “わたしたちの生きたい社会”」という題で、来店者の主張を記入してもらい、さまざまな主張を可視化し、選挙を自分ごととして捉えるきっかけを作ります。





【SPINNS(スピンズ)】

ATTITUDE MAKES STYLE!」(主張がスタイルをつくる!)をコンセプトに、運営する10~20代が中心のアパレルショップ
HP: https://www.spinns.com/

【NO YOUTH NO JAPAN】

「若者が声を届け、その声が響く社会へ」
U30世代のための政治と社会の教科書メディア
HP: http://noyouthnojapan.org/

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース