プレスリリース

創業360年 京都・伏見の老舗酒蔵が酒米の契約農家を守るサポーターを募集!

リリース発行企業:株式会社 北川本家

情報提供:

株式会社 北川本家(京都市伏見区、代表取締役:北川幸宏)は、酒造好適米(酒米)の契約農家である丹州河北農園(京都府綾部市、河北卓也 通称:卓ちゃん)と共同で8月に始めた共同施策の第2弾として、10月 5日(月)よりクラウドファンディング CAMPFIRE「【山田錦のお米とお酒】創業360年 京都・伏見で顔の見える酒造りと農家との取り組み」を開始しました。 【URL】https://camp-fire.jp/projects/327953/




プロジェクトの概要


新型コロナの影響による日本酒の減産、農家への酒米の発注激減、農家での山田錦の生産減少の悪循環を食い止めるための支援を募集します。
酒造りには農家との良い関係が重要であることを知ってもらう。
普段は食べない山田錦をこの機会に多くの人に食べてもらい、日本酒に対する興味を持ってもらう。






プロジェクトの経緯
新型コロナ感染症(COVID-19)拡大防止のための飲食店の休業や営業自粛から、日本酒が減産に追い込まれ、それによって私たち酒蔵も今季の酒米が予定通り発注できなくなりました。
それでなくても高齢化の進む農家さんは、注文の減る山田錦を植えなくなり、そのうち消滅してしまうのではないかという危機に面しています。
美味しい日本酒を作り続けるために、20年間の長い付き合いの中で様々な困難に立ち向かってきた両者が、今回もこの危機を一緒に乗り越えようと、クラウドファンディングを行うことを決意しました。
そして知恵を出し合って考えた結果、普段は食べない山田錦を食してもらい、その米でできたお酒を飲みながら、この問題に関心を持ってもらおうというアイデアが生まれました。

山田錦について
山田錦は、日本酒の原料米「酒造好適米」の中でも知名度、作付面積でトップを誇ります。
米の粒が大きいだけに、育つのに時間がかかり、背が高いために普通の風で倒れてしまうという、苦労の絶えないお米です。


リターンについて
河北農園で契約栽培している酒米「山田錦」だけで醸造した「富翁 純米吟醸 丹州山田錦」と、河北農園が生産した「山田錦」の白米を真空包装したもののセットや、その他のものと組んで、3,000円から100,000円まで準備しています。


・その他のリターン例
50,000円:上記の商品の他に、北川本家社長も参加するオンライン酒の会(限定あり)
100,000円:支援者3組様限定の酒蔵見学
CAMPFIRE 公開ページ https://camp-fire.jp/projects/327953/



真空包装

この取り組みのため河北農園では新たに真空包装機を導入し、食べきりサイズ約 2 合 (300g)の真空包装が可能となり、白米の保存可能期間が飛躍的に伸びました。


熱い農家 卓ちゃん自慢のお米

河北農園の河北卓也さん(卓ちゃん)は、農業を営み24年になります。
今は主食用米、酒造好適米、賀茂なす、その他の野菜を生産している専業農家です。

富翁 純米吟醸 丹州山田錦

河北農園で農薬を極力使用せずに栽培した山田錦だけを原料に、京都で開発された酵母「京の琴」と伏見の名水「伏水」で醸した純米吟醸酒です。
地元「京都」にこだわった『米作りから醸造・販売まで顔の見える』限定流通商品で、京ブランド食品「京都吟味百撰」認定商品です。

京都・伏見で360年以上続く酒蔵として

「富翁」北川本家は江戸時代初期 明暦三年(1657 年)の創業以来、京都・伏見で360年以上の酒造りの歴史を持つ老舗蔵元です。伏見の豊かな水に恵まれた環境のなかで、京都の食文化とともに歩みながら、「伝統は革新の連続」をモットーに伝承の技に磨きをかけてきました。



今回の新型コロナ禍は人々の距離を離してしまうという、とても悲しい状況を作り出してしまいました。
感染拡大防止のためには仕方ないことのですが、普段は日本酒やお茶を飲みながら、心を通わせるという大切な機会を失った今、私たち日本酒に関わる人間にとっても、これからどうすれば良いのかわからないというのが正直なところです。
日本酒は人と人の?壓がりに役立っていることを、クラウドファンディングの支援を通して、なんとか思い出してもらえればと考えています。

株式会社 北川本家
ホームページ : https://www.tomio-sake.co.jp/

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?