プレスリリース

伏見の老舗酒蔵と契約農家が共同で販路を開拓!京都にこだわった日本酒と、卓ちゃん自慢のお米をセットで販売。

リリース発行企業:株式会社 北川本家

情報提供:

株式会社 北川本家(京都市伏見区、代表取締役:北川幸宏)は、酒造好適米(酒米)の契約農家である丹州河北農園(京都府綾部市、河北卓也 通称:卓ちゃん)と共同で日本酒と白米(食用米)のセット販売に取り組みます。




8月24日(月)より北川本家の直営店舗「おきな屋」店頭やオンラインショップ(https://www.shop-tomio.com/)で販売を開始します。
具体的には、河北農園で契約栽培している酒米「山田錦」だけで醸造した「富翁 純米吟醸 丹州山田錦」と、河北農園が生産した「コシヒカリ」や「京の輝き」の白米を真空包装したものをセットにして消費者や飲食店にお届けします。さらに、セット販売の対象者に河北農園の賀茂なす(京のブランド産品)の購入を働きかけます。


商品名:京都で生まれた「お米とお酒のギフトセット」 ver.1
販売予定価格:3300円(消費税込・送料別)
セット内容:
  白米  コシヒカリ(真空包装)300g×1
  白米  京の輝き(真空包装)300g×2
  日本酒  富翁 純米吟醸 丹州山田錦 720ml×1


農工連携の取り組み

この取り組みは、新型コロナウイルス感染症の影響により、得意先の飲食店が休業や営業時間の短縮を余儀なくされため、売上が激減した両者が、お互い助け合いながら新しい販路を開拓し事業の継続を図ろうとするものです。
これまで、北川本家では自社で製造した日本酒をはじめとする酒類を単体で販売していました。河北農園も生産するコシヒカリや賀茂なすを飲食店に販売していましたが、お互い販売面で協力することはありませんでした。
「モノをつくる」という点においては熱く語り合っていましたが、消費者に直接販売することにはあまり注力していませんでした。今回、新型コロナによってさらに関係を深めたい思いが高まり、初めて販売面でも協働することになりました。

真空包装 
この取り組みのため河北農園では新たに真空包装機を導入し、食べきりサイズ約2合(300g)の真空包装が可能となり、白米の保存可能期間が飛躍的に伸びました。

熱い農家・ちゃん自慢の


河北農園の河北卓也さん(卓ちゃん)は、農業を営み24年になります。今は主食用米、酒造好適米、賀茂なす、その他の野菜を生産している専業農家です。
美味しい農作物を育てることを信念に、地域の農業が末永く続けていけるよう、自立して儲かる農業の雛形を作ることを目指しています。面白い農業をやりたくて毎日頑張っているだけなので、最近では面白みのない人間になってきたとぼやいています。
卓ちゃん自慢のお米は魚を原料にした肥料を使い、旨味をプラスしたいというこだわりがあります。京都の定番酒にこだわる北川本家の日本酒とぜひ一緒に味わってもらいたいと考えています。

富翁 純米吟醸 丹州山田錦 
丹州河北農園で農薬を極力使用せずに栽培した山田錦だけを原料に、京都で開発された酵母「京の琴」と伏見の名水「伏水」で醸した純米吟醸酒です。地元「京都」にこだわった『米作りから醸造・販売まで顔の見える』限定流通商品で、京ブランド食品「京都吟味百撰」認定商品です。



京都・伏見で360年以上続く酒蔵として



北川本家は江戸時代初期 明暦三年(1657年)の創業以来、京都・伏見で360年以上の酒造りの歴史を持つ老舗蔵元です。伏見の豊かな水に恵まれた環境のなかで、京都の食文化とともに歩みながら、「伝統は革新の連続」をモットーに伝承の技に磨きをかけてきました。代表銘柄の「富翁」は歴史を感じる京の定番酒(さけ)として「飽きのこない」味にこだわっています。「飽きない」=「商い」というキーワードは、伏見の町の基礎を築いた豊臣秀吉の商人としての教えとも言えます。
1200年の歴史育む京都の地で商いを続ける会社として、これからも地元と日本酒に纏わる文化・エピソードの発信と共に、飽きのこない味をお届けできるよう努めてまいります。

・オンラインショップ
https://www.shop-tomio.com/

・商品紹介ページ
https://www.tomio-sake.co.jp/kawakita/

  • はてなブックマークに追加

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?