天気予報

23

13

みん経トピックス

京都サンガが公開記者会見エコトート・デザインコンペ

外壁に木材を使った新オフィスビル-京都の街並みと調和目指す

  • 0
外壁に木材を使った新オフィスビル-京都の街並みと調和目指す

写真=第15長谷ビル外観イメージ図

写真を拡大 地図を拡大

 オフィスビルやマンション事業を手がける長谷(京都市下京区烏丸通四条下ル)は今春、四条烏丸に外壁に木材を使った新オフィスビル「第15長谷ビル」(中京区烏丸通四条上ル)を開業する。 

 外壁が木材の同ビルは、「京都の街並みとの調和を図る中高層ビルデザインの新しい可能性を提案する」(同社)という。敷地面積=124.07坪、延べ床面積=868.44坪。フロア構成は、1階=店舗フロア、2階~9階=オフィスフロア。最上層はペントハウス、中層部は木材張り、さらに道路に面した足もと部分は街に対して開かれたガラス張りという三層構造になっている。

 外観全体のデザインは京町屋にも使用されている下見板張りをベースに水平ラインのひさしの数を多くするなど、機能的な理由と木の特性を追求した。また、外壁だけでなく共用部の床やサッシなど内部にも多用している木材は、環境問題への配慮し間伐材を選んでいる。

 内部は、「新しいワークスタイルのための、新しいワークスペース」がコンセプト。ビルの中央にはシースルーエレベーターを備える吹き抜けがあり、ビル内の空気の循環を創り出し、不要な機械空調を減らすことができるという。また、吹き抜けがあることで、同じフロアだけでなく、階上・階下との共有感・一体感を生み出している。同社関係者は、「吹き抜けを設けることで、ビル内のコミュニティーが生まれる場所になってほしい」と話す。

 竣工予定は今年3月。「現在入居テナントを募集中」(同)という。

長谷ビルディンググループ

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

モバイクのゼネラルマネジャーの木下昇さん 写真=中国発のシェア自転車「モバイク」の木下昇さん。IoTのテクノロジーを搭載した自社開発の自転車を量産する手法や、アプリで施錠・開錠するシステムなどを紹介。「京都市には営業を掛けていて、ぜひ進出したい」とも。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング