見る・遊ぶ

秋元康さんがプロデュース 京都・平安神宮境内に新劇場 19日に開業へ

公演のイメージ(リハーサル時)

公演のイメージ(リハーサル時)

  •  

 平安神宮境内にある商業施設「京都・時代祭館十二十二(トニトニ)」に11月19日、秋元康さんが総合プロデュースする劇場「京都SUSHI劇場」が開業する。

劇場ロゴ

 劇場からコンテンツまで秋元さんが全面的にプロデュースを行った同館。客席数は226席で、19日から「寿司は別腹 SUSHI the “BETSUBARA”」を上演する。専属パフォーマンスチームの「タコ組」と「イカ組」が、日本の伝統舞台芸能や忍者、芸者、すし、戦隊ヒーロー、サラリーマンといった要素を含むアクロバティックなノンバーバル(言葉によらない)エンターテインメントショーを繰り広げるという。

[広告]

 同館を運営する京都平安プロパティ社長の高野瀬卓治さんは「当館から独自の日本エンターテインメントを発信できないかと考えていた際、ご縁があり秋元さんとご一緒する機会をもらった。公演を皮切りに、新たな京都の文化・芸術・観光の情報発信拠点として邁進したい」とコメントしている。

 同施設は昨年12月に毎年10月22日に行われる時代祭を体感する施設として開業。飲食店や土産物店、免税店などが入居している。

 開演時間は、火曜・木曜・土曜=17時~、水曜・金曜・日曜=12時~。月曜休館(11月19日は臨時開館)。料金は8,640円(エリア内自由)。

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?