天気予報

20

12

みん経トピックス

京都で少女漫画の衣装ショー観光ツアー「京を極める」

新京極に杖専門店「つえ屋」-ファッション性に特化、約800本扱う

新京極に杖専門店「つえ屋」-ファッション性に特化、約800本扱う

「つえ屋 新京極店」の様子

写真を拡大 地図を拡大

 杖(つえ)の専門店「つえ屋 新京極店」(京都市中京区新京極通三条下ル東、TEL 075-255-0004)が2月2日、オープンする。

 「つえ屋」はファッション性のある杖に特化した専門店。本店として丸太店(中京区丸太町通西洞院西入横鍛冶町)を構え、昨年11月には完全予約制の六角堂前店を開店。市内の店舗は同店で4店舗目となる。百貨店での催事、介護施設などでの訪問販売のほか、インターネット上でも注文を受け付ける。

 ライトアップした店内や壁に規則正しく並ぶ杖はおよそ800種類。カラフルな花柄や迷彩柄、木製の落ち着いたものまで幅広くラインアップ。店の奥には同店オリジナルの蒔絵(まきえ)の施された杖がケースに収められている。価格はおよそ8,000円のものから、漆塗りの10万円を超えるものまで。初めて杖を使う人には、炭素繊維で200グラムほどの折り畳み式の杖を勧めることが多いという。

 「中には、数本購入して気分や行き先によって杖を変えるお客さまも。地味な色しかない介護用品というより、服と同じようにファッション感覚で選んでもらい外出を楽しんでもらえれば」とつえ屋の松本寛さん。

 営業時間は11時~20時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

TKP京都四条烏丸カンファレンスセンター(下京区)で4月28日、「コンテンツ活用商品化セミナー」が開催される。主催は「京都クロスメディア推進戦略拠点(KCROP・上京区)」ほか。説明会では「NARUTO」「BLEACH」「おそ松さん」などのTVアニメーションを制作する「ぴえろ」(東京都三鷹市)の担当者がTVアニメ化25周年を迎えた「幽☆遊☆白書」などの京都オリジナル商品の開発に関し、商品化の許諾から発売までの一連の業務を説明する。KCROP担当者は「伝統産業に携わる人など多くの人に参加してもらえたら」と呼びかける。参加無料。開催時間は15時~16時半。申し込みはhttp://crossmedia.kyoto/seminar_event/20170428まで。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング