3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

京都府庁かいわいで「街角ミュージアム」-美術館・資料館などで連携企画

期間中一般公開される「旧知事室」

期間中一般公開される「旧知事室」

  • 0

  •  

 寺院や企業の資料館・美術館、文化・観光施設が連携する「府庁界隈(かいわい)まちかどミュージアム」が10月30日から開催されている。

 京都府庁旧本館を中心として行われている同イベント。全20施設が展示や一般公開を行っている。樂美術館(京都市上京区油小路通一条下る)では樂家現当主十五代吉左右江衞門襲名前の作品から1983(昭和58)年「襲名披露初個展」や斬新な作品を発表した「天問」までの代表作を展示する「特別展 樂吉左右衞門還暦記念」を開催。山田松香木店(勘解由小路町)では今月17日から古くから伝わる道具による加工実演や「自分の香りを創る」催しが始まる。

[広告]

 府庁旧本館では今月10日から「京都銀行所蔵作品展」が行われる。期間中、京都銀行が毎年購入している京都市立芸術大学の学生の作品の一部を展示する。同日から、旧本館で京都彫刻家協会による彫刻展も開催。平日には2号館屋上の緑化施設「京てらす」でも作品を展示する。

 京都府文化環境部文化芸術室の藤本さんは「車などで通り過ぎていたところに、こんな施設があったのかとより街を知ってもらえる機会になるのでは。観光で来られた方だけでなく地元の人にもお越しいただければ」と話す。

 各施設の開館時間や入場料はホームページで確認できる。今月21日まで。

Stay at Home

烏丸経済新聞VOTE

現在お住まいはどちらですか?