天気予報

29

21

みん経トピックス

京都で世界のチョコの祭典プラネタリウム付き貸し会場

四条烏丸に複合商業施設「フローイングカラスマ」-4月開業

  • 0
四条烏丸に複合商業施設「フローイングカラスマ」-4月開業

旧北國銀行の建物を修復した、複合商業施設「フローイングカラスマ」が4月初旬にオープンする。

写真を拡大 地図を拡大

 長谷(下京区烏丸通四条下ル)は、旧北國銀行(中京区烏丸通蛸薬師下ル)の建物を修復し、「五感空間開発」をコンセプトとした複合商業施設「flowing KARASUMA(フローイングカラスマ)」を4月初旬にオープンする。

 旧北國銀行は1916年の建築で、東京駅や日本銀行の設計で知られる建築家辰野金吾氏の作品。赤レンガに白い帯石の組み合わせは「辰野式」と言われる。同社が2004年に土地建物を取得しており、最近は昨年10月に京都芸術大学とFM京都主催の音楽イベント「ART BEAT KYOTO」が行われるなど、主にイベント用スペースとして利用されていた。

 「フローイングカラスマ」の延床面積は約522平方メートル。「自然」「女性」「五感生活」をテーマに、1階=カフェダイニングとオーガニック食品や雑貨などを扱う物販スペース、2階=ボディスタジオとデイスパで構成する。20代~30代の働く男女がターゲットで、1日約400人の集客を見込む。

 今回の修復にクリエーティブ・ディレクターの後藤繁雄さんとクリエーティブユニット「graf」が共同で携わることも話題を集めている。後藤さんは「『フローイングカラスマ』は単なる複合施設ではなく、『食とカラダ』『五感よろこび』を開発していく京都の拠点になる」、「graf」の服部さんは「今回の設計は4割の修復、6割をデザインにする」と話している。

 同施設関係者は、同施設について「『食』『カラダ』『スパ』などのメニューは個人が持つ感覚を大切にし、自然に取り入れるものにこだわっている。烏丸通りをエネルギッシュに人々が通い、洗練された場所にしたい。京都からグッドエナジーを発信していければ」と話す。

長谷ビルディンググループ

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

シアター部分の模型 写真=100席を設けるシアター部分の模型。演目によって客席の配置が変えらえるブラックボックスに仕上げるという。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

現在お住まいはどちらですか?

アクセスランキング